サバイバル体験☆韓国英語村語学留学(視察)

韓国の英語村に視察に行ってきました!

英語教育先進国の韓国では、自治体が国内で英語留学と同じような効果が
得られるような施設を40箇所以上建設しています。

8月6日にこれらの施設のうちの1つ、パジュ英語村の視察に行ってきました。
仁川空港から北西に1時間ほどの場所にあります。
ここは東京ドーム6個分の広さがあり、子どもたちは体験を遊びを通して自然に英語
に親しみます。長期休みを利用して、英語漬けの5日間の研修プログラムがあります。

夏休みということで、韓国、日本、中国、ロシア、タイから小中学生が研修に来ていました。
見学したクラスでは、小学高学年のクッキングクラス。 韓国人と日本人の子が混ざったクラス
でした。 クラスの中では、韓国の子どもたちは積極的に発言していましたが、日本の子どもたちは
遠慮気味だったかな? 同じアジア人の仲間として、考え方の違いを知って刺激を受けたり、
お友達になったり。 モチベーションにつながるようです。

イギリス風の建物の寮では、6人部屋でお友達とおしゃべりしたり、寝泊りして絆が強くなります。
食事はカフェテリアでビュッフェ形式でいただきます。さすが韓国。キムチが毎食出るそうです。

視察を終えて感じたことは、ここで5日間研修することは、日本の子どもたちにとっては自立するための
チャレンジであると同時に、自分でメッセージを発信する事の重要性に気付く貴重な機会になるだろうということです。 スクールイベントとして英語村ツアーを今後実施するか、検討したいと思います!





f0206153_152878.jpgf0206153_1523150.jpgf0206153_152545.jpg
[PR]

by npo-nk21 | 2013-08-09 17:26 | アーブル英会話