1月30日 スピーチコンテスト

あーぶるっ子たちのスピーチを聴きにきてください!
072.gif『 英会話 スピーチコンテスト 』

毎年恒例、あーぶる英会話スクールのスピーチコンテスト。
例年は12月に行っていましたが、今年度は1月に開催したします。

子どもたちは昨年夏ごろから準備を始め、練習を重ねてきました!

2009年から始まった全国こども英語スピーチコンテスト(毎日新聞・TBS主催)にも、当スクールからは、地区大会、全国大会へ出場を果たしています。

それも、使える活きた英会話を学べるあーぶる英会話スクールならでは!
このスピーチコンテストもその一環です。
是非子どもたちの日ごろの成果を聴きに来て下さい!

【日時】1月30日(日曜日)
    第1部 小学1・2年生の部 12:15~
    第2部 小学3~6年生の部 14:00~
【場所】まちづくり市民センター 3F講義室

※スクールに関心のある方の見学も受け付けています。
 あーぶる英会話スクールまでお問合せ下さい。
    ⇒英会話スクール専用電話:0299-84-6167
[PR]

by npo-nk21 | 2011-01-20 12:25 | アーブル英会話

あーぶるニュース1月新春号が発行されました!

あーぶるニュース1月新春号が発行されました!

今号の特集は
*理事長の新年のごあいさつ
*スタッフの新年のコメント&目標
*1~3月進学・新旧におススメのクラス
*コラム:PLSってなぁに?『どうやって語彙力がつくの?』
*スピーチコンテストのご案内
*NLTコラム:ショーン先生
などなど・・・
f0206153_180058.jpgf0206153_1803131.jpg


f0206153_1801177.jpgf0206153_1802170.jpg

このニュースは会員の皆様に無料配布しているもので
活動報告やイベント・各クラスの最新情報、
教育・子育てに関するコラムなどを掲載しています。

購読ご希望の方は事務局までお問合せください。
事務局   0299-82-0793
通話料無料 0120-100-106
[PR]

by npo-nk21 | 2011-01-13 18:08 | 事務局より New!

1月の予定

NK21の1月の予定です。

058.gifあーぶるっ子たちのスピーチ聴きにきて下さい
『 スピーチコンテスト2010 』
【日時】1月30日(日曜日)
    第1部 小学1・2年生の部 12:15~
    第2部 小学3~6年生の部 14:00~
【場所】まちづくり市民センター 3F講義室
※英会話スクールに感心のある方の見学も受け付けております。
 英会話スクール専用電話:0299-84-6167

072.gif会員対象。頑張ってください!
英語検定
【実施日】  1月22日(土) ※申込受付は終了しています。
児童英検
【実施日】  2月5日(土)  【申込〆切】1月7日(金)

058.gifまだまだ参加者受付中!
にゅうがく準備教室
1月11日(火)14:40~15:30
★小学校ってどんなとこ?★
※3月までのコース参加となります。

072.gifポピー会員様必見!
無料!ポピー寺子屋教室
25日(火)・26日(水)・27日(木) ※いずれか1日をお選びください。

072.gif中学を先取り!
中学準備教室
1月は「トクイ」と「ニガテ」がわかる月
週1回月曜コース/週2回 月・水コース/週2回 月・木コース 17:00~18:30

058.gifママだって英語で話したい!
ママの子育て英会話
1月19日(水)10:30~

058.gif第3クールスタート!
うたあそびリトミック
1月・2月・3月開講 全6回
0・1 歳児/2 歳児/3 歳児/幼稚園児コース

072.gif第3クールスタート!
英会話 ママ&キッズクラス
1月11日 / 1月25日
1月・2月・3月の第1・3火曜日 全6回
0~1歳児コース/2~3歳児コース

詳しいお問合せ・お申込みは・・・
事務局   0299-82-0793
通話料無料 0120-100-106
[PR]

by npo-nk21 | 2011-01-12 11:39 | 事務局より New!

どうやって語彙力が身に付くの?

全6回シリーズで、
アーブル英会話スクールが採用している英語システム
PLSシステム®のご紹介をしています。

PLSってなあに?第4回
どうやって語彙力が身に付くの?

3歳の頃にほとんど言葉を発しない女の子がいました。問いかけに返事はするし、絵本の読み聞かせが好きだったが、母親はとても心配していました。その彼女は今では高校で、生徒会の副会長として適切な発言をするしっかり者になっています。

 お子さんから同じ本を何度も読んでと言われ、親のほうが飽きてしまったことはないでしょうか。幼児は自分が話さなくてもお話の言葉を何度も何度も聞いてなじむ。あの頃の彼女はたくさんの言葉をため込んでいたに違いない。

 言葉を覚えるのに一つの単語に500回~2000回触れると自分のものになると言われています。生まれて間もない赤ちゃんは何も話さないが、お母さんや周りからの話しかけの膨大な量の言葉をインプットしています。当スクールでは最初の1年の10級で約500の単語に触れる。英語に関してはここで赤ちゃんの母語の時期と同じことをしていると思ってもらって良いでしょう。10級で触れた500語を次の年の9級でも繰り返し使い、また新しい語に触れていく。この時期にフォニックス(文字の音)も学ぶ。8級になり、自分で文章を作る。聞いたことがある言葉が話せて、見たことのある文字が読める、そして書けるにつながるのです。

 例えば、10級後半から9級ででてくる宿題のアルファベットカレンダーカード。各文字から始まる単語や月や曜日を約200語覚えていく。中には身近ではない言葉もあり、こんな難しい言葉を覚えるのは?と心配される親御さんもいらっしゃいますが、子ども達はCDを聞きながら、楽しい絵のカードを見ながら丸ごと覚えてしまう力を持っています。
 次回は「語彙力」についてお話しします。

第1回『PLSってなあに?』はコチラ
第2回『どうやって度胸力がつくの?』はコチラ
第3回『どうやって説得力・プレゼン力がつくの?』はコチラ

アーブル英会話スクール
NPO法人ニューライフカシマ21
     理事長 和田 剛一 
[PR]

by npo-nk21 | 2011-01-11 08:16 | 理事長コラム

第7回『Bucketman, Ninja Janitor and Boring Man』 Part3

連載第7回バケツマン
今話は3回に分けてお届けしています。

『Bucketman, Ninja Janitor
     and Boring Man』 Part 3

バケツマン、忍者ジャニターそして退屈マン その3(全3回)

Prompted by Sally, Bucketman knew just what to say to his old foe, “Hello, Boring Man, what’s new?”
サリーに急かされて、バケツマンは敵であるタイクツマンに言うべきことが分かった。「やあ、タイクツマン、元気?」

Everyone was looking at the man with the bucket upturned over his head. The attention and excitement was making Boring Man seethe with frustration. “This has been an altogether exciting day. First Ninja Janitor grabs everyone’s attention, and now you’re here, disrupting my precious routine.”
タイクツマンのオフィスの従業員は皆、バケツをさかさまにかぶった男に注目した。この注目と興奮はタイクツマンを怒らせた。「思いっきり面白い一日だね。前は忍者ジャニターがやったが、今度はお前が俺の大切な時間を邪魔しに来やがったな。」

“You’d like to make all that excitement go away, wouldn’t you?” Bucketman said. “I can give you the opportunity. Together, we can find Ninja Janitor, and stop his exciting reign of terror.”
「お前はこの楽しさを消し去りたいのだろう。」とバケツマンは言った。「その機会をあげよう。一緒に忍者ジャニターを探して、彼をやっつけようじゃないか。」

Boring Man tapped his chin.
“If you don’t agree,” Bucketman said, “I might just come here tomorrow and make that day interesting for you as well.
タイクツマンは少し考えていた。「もし同意しないのなら、明日またここに来て最高に面白い一日にしてやるぞ。」とバケツマンは言った。

Boring Man grimaced. “How predictable of you. For that, at least, I’m grateful. Let’s go as soon as the work day is over. I don’t want to use any vacation time.”
タイクツマンはとても嫌な顔をしながら言った。「バケツマンらしいな。しょうがない。それでは仕事が終わってからすぐに行こうじゃないか。せっかくの休みの日は使いたくない。」

Bucketman sighed and went to wait in the office lobby. As he was reading a magazine, a flying fist rang his head against the inside of his bucket like a bell.
バケツマンはオフィスのロビーで待っていた。夢中で雑誌を読んでいると、突然、拳がバケツヘルメットを叩き、頭が中でベルのように鳴った。

The secretary ran off screaming as Bucketman collapsed to the floor.
“Don’t clutter up my floor, lying there in a heap,” Ninja Janitor taunted. “Get up and fight like a Bucketman.”
バケツマンは床に倒れ、秘書が叫びながら逃げた。「立て、バケツマン。俺は床が汚れるのは嫌なんだ。バケツマンらしく戦え!」

It had been a particularly powerful hit. Bucketman struggled to raise his bucket head.
Suddenly Boring Man appeared, walking slowly through the lobby.
とても強いパンチだったので、バケツマンは起き上がるのが大変だった。すると突然、タイクツマンが現れた。

“First the coffee didn’t boil on time, then I had to hear about your exciting crimes from my co-workers, then Bucketman came to weird up my day… and now a fight breaks out in the lobby. This has got to stop. Ninja Janitor, prepare for a boring onslaught from Boring Man.”
「まず、コーヒーが時間通り用意されていなかった。それから同僚からお前のドキドキ犯罪の話を聞かねばならなかった。そしてバケツマンが来て、俺の一日をひどいものにした。
そして今、ロビーで喧嘩が始まった。終わりにしろ。忍者ジャニター、タイクツマンからのタイクツアタックを受けてみろ!」

Ninja Janitor raised his Broom of Doom and Dustpan of Despair, ready for attack.
“Did you know,” Boring Man said, “That the use of dustpans dates back to ancient times?”
忍者ジャニターは破滅のほうきと絶望のちりとりを振り上げ、攻撃準備が出来た。「お前は知っているか?ちりとりは昔から使われていた。」

Bucketman heard the boring fact coming and stuffed his fingers in his ears inside the bucket helmet.
バケツマンはヘルメットの中に指を入れ、超タイクツな要因を自分の耳から締め出した。

Ninja Janitor looked at Boring Man confused. “What does that have to do with…”
Suddenly, Boring Man was right beside Ninja Janitor. The Boring Wonder whispered the most boring fact ever into Ninja Janitor’s ear. I can’t reprint it here. It was just so boring.
「そんなの関係ねぇ。」忍者ジャニターはタイクツマンに言った。
突然、タイクツマンは忍者ジャニターのすぐそばにいた。そして耳元世界で一番つまらない話をささやいた。つまらなすぎて二度と聞けないような。

Ninja Janitor dropped his ninja janitorial equipment and clutched his head, screaming, “Why did you tell me that? I don’t care! Get it out of my head!”
He collapsed on the floor in the fetal position, and remained there until the police arrived—someone in the office had responsibly called them—and Ninja Janitor was placed in handcuffs.
忍者ジャニターは持っていた武器を落とし、頭を押さえながら叫んだ。
「なんでそんなことを俺に言うんだよ!そんなの俺には関係ねぇ!俺の頭から出て行け!」彼は床で頭を抱え込んでもがいていた。警察が着くまでずっとそのままでいた。(オフィスの人は警察を呼んだ。)忍者ジャニターは手錠をかけられた。

Bucketman turned to Boring Man. “Thank you. You really saved the—“
“Shut your interesting mouth and leave me alone before I decide to make you as boring as Ninja Janitor has become,” Boring Man threatened.
Bucketman retreated, somewhat victorious, into the sunset.

バケツマンはタイクツマンに振返り、言った。「ありがとう。君は僕を・・・」「言うなよ。俺を俺のままでいさせてくれ。そうしないと忍者ジャニターのようにお前をしてしまうぞ。」タイクツマンは脅した。
バケツマンは逃げた。小さな勝利を掲げて、夕日の中へ。


今までのお話はコチラ
第1回 BUCKETMAN!
第2回 Bucketman and Ninja Janitor
第3回 Bucketman, Mayonnaise Man, and Soy Sauce Man
第4回 Boring Man!
第5回 Bucketman, Ninja Janitor and Boring Man Part1
第6回 Bucketman, Ninja Janitor and Boring Man Part2
[PR]

by npo-nk21 | 2011-01-08 18:48

Work hard, you get results.

ショーン先生のコラム英語原文です。

When I was a little boy, my father always had a big garden.
Our house in Canada has a big yard,
about 5 acres (about .02 square km)
and on weekends,
we always had to spend a few hours working in the garden.

Of course,
I was a young boy and hated to do anything that was not fun.
Usually, my dad made me do the weeding,
which was the most incredibly boring thing I have ever done
(it's still boring, even now).

I can remember arguing with my parents about it,
saying silly things like
"Why can't we just buy vegetables at the supermarket?
Why do we have to work so hard in the garden on a weekend?"

My father would say to me "If you want to eat, then work.",
and there was no arguing with that.
We all need to eat.

Perhaps there are kids out there who don't like listening to the things their parents have to say - because it usually involves doing lots of work.
Work, to a kid, is torture, especially on a sunny day.

But these days,
I've been visiting the farm my Japanese family has in Inashiki-Shi.
We do lots of work, and it's fun to get out in the fresh air.
Just yesterday we got our first bunch of spinach from the garden.

My father always said, "Work hard, and you get results".
I used to think he was wrong, but he was 100% right.

Hard work pays off in the end,
in whatever you do
- school work, University, practicing a musical instrument,
even those annoying troublesome things like Kanji practice.
[PR]

by npo-nk21 | 2011-01-07 18:24 | 先生紹介&コラム

NLTコラム⑧ショーン先生がこどもの頃親から言われた一言

NLTコラム2010⑧ Sean O’Leary

Work hard, you get results.
一生懸命働けば、結果は出る。

僕が子供の頃、父はいつも畑仕事をしていた。
カナダの僕の家は5エーカー(約2万平米)のとても大きな畑があった。
週末になるといつも数時間は畑で過ごしていた。

子供の僕はそんな楽しくないことは嫌いだった。
それなのに父は僕にとても退屈な草刈りを命じた。
(今でも好きになれない。)

そんな時、僕は両親と
「野菜なんてスーパーで売っているのにどうして買ってこないの?」
とか、
「せっかくの休みにどうしてそんなに一所懸命畑仕事をするの?」
などという口げんかをしたものだった。

そうすると父はいつも「食べるためには働くんだよ。」と言った。
それに返す言葉はなかった。

子供にとって仕事はまるで拷問。特に晴れた日は。

しかしながら、最近の僕は休みの日に
日本の家族が稲敷市に持っている畑に通っている。
もちろんたくさん働く。
先日は出来たばかりのホウレン草を収穫することができた。

父が言っていた。「一所懸命働けば結果は出る。」その通りだと思った。
父は100%正しかった。

一生懸命働けば、良い結果がでる。(良い暮しができる。)
それは何にでも言える。
学校の勉強、大学、楽器の練習、
とても面倒くさいと思える漢字の練習にも言えることだと思う。




f0206153_16503592.jpg●ショーン・オリーリ●
(Sean O'Leary)
カナダ・バンクーバー出身。
鹿島小担当。
1972年7月22日生まれの蟹座。
気さくでとてもやさしい、
オープンマインドの先生です。
[PR]

by npo-nk21 | 2011-01-07 18:15 | 先生紹介&コラム

Happy New Year!

f0206153_1785399.jpg明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

1月6日から通常通りのレッスンが始まりました。まだ学校や園が冬休みということもあり、お休みもちらほらありましたが、皆さん元気な顔を見せてくれました。

今月末にはスピーチコンテストが開かれます。小1以上の生徒さんは練習のラストスパート。今年も素敵なスピーチを聞かせてくれることと思います。今回は小6以上の生徒さんは2人以上のグループでのスキットに挑戦。写真はモデルスキットの準備をしている先生たちの様子です。本番がとても楽しみです。

ママ&キッズの第3クールも11日からスタートします。かわいらしいクラスになる様子が目に浮かびます。
*11時からのクラスに若干定員に空きがありますので、ご興味のある方はお知らせ下さい。)

今年もよろしくお願いいたします。f0206153_179879.jpg
[PR]

by npo-nk21 | 2011-01-07 17:11 | アーブル英会話

年頭にあたってのご挨拶

             NPO法人ニューライフカシマ21 理事長 和田剛一

明けましておめでとうございます。
会員の皆様には、輝かしい新年をお迎えのことと存じます。

昨年中は、皆様のご支援とご協力を賜り、
お陰さまで各種事業を予定通り遂行することが出来ました。
心から感謝と御礼を申し上げます。

本年度も弊団体の理念に基づき、子育てと家庭教育、
そして英語教育の素地作りや基礎作り面で、
皆様のお役に立ちたいと考えております。

六年目を迎える鹿嶋市からの受託事業、
市内十二小学校での英語教育にも更なる成果がみられるよう、
外国人講師(NLT)共々尽力する所存です。

尚皆様からのご意見やご提案も大歓迎ですので、
事務局までお知らせ頂ければ幸いに存じます。

最後に本年が、皆様にとりまして干支の卯のように
飛躍の年になりますようお祈り申し上げ、
ご挨拶にかえさせて頂きます。
ありがとうございました。
[PR]

by npo-nk21 | 2011-01-01 18:09 | 事務局より New!